英語力って?

英検で思うこと。
面接テストで決まった質問に答える事はみんな比較的よく出来るのですが、
「~について、あなたはどう思いますか?」
といった自分の意見を求められる質問になると、
先ほどまでの流暢なしゃべりはどこへやら。
「..........
となってしまう子は多いです。

筆記試験にパスしていますから、英語の力はあると思うんです。
質問も理解できているようです。
でも、自分の「意見」が言えないんですよね。

思い出したのが、現在アメリカで子育て中の友人の話。
本人は日本人、ご主人はアメリカ人で小学生のお子さんがいらっしゃいます。

4年前の大統領選のとき、低学年だったお子さんのクラスで
「なんちゃって選挙戦」が行われていたそうです。
これは例えば、サクランボが好きなチェリー党
イチゴが好きなストロベリー党
のようにクラスが2手に分かれ、それぞれに候補者を立て、
票を獲得するためにスピーチを考えたりするのだそうです。

子どもたちは自分の主張を相手にわかりやすく伝える訓練ができ、
実社会における選挙への関心もいやが上にも高まるという、一石二鳥。
すばらしい授業だなあと思いました
ちなみにごく一般的な公立小学校です。

欧米では小さいうちから自分の「意見」を発表する機会が多く設けられています。
もちろん一方的な押し付けではなく、相手の意見を聞いて議論するという事もよくあります。
だから皆、自分の考えを表現することに慣れているのです。

…と偉そうなことを言いつつ、はじめてロンドンに行った頃は
私も英語での議論にタジタジとなっていました
さらに驚愕したのは(当時の低レベルの私より)英語があまりできない
ヨーロッパの人たちが、堂々と意見を言っていたこと。
文法もなにもありません、知っている単語を並べるだけ。
でもそれは彼らの「意見」であり、「自分」であり、ダイレクトに伝わるものがありました。

英語が流暢に話せたとしても、そこに自分がいなければあまり意味がありません。
私たちはロボットではないのですから…。
子どもたちには間違った答えでも文章がおかしくても、
「自分の」意見をしっかり持ちかつ表現できる大人になっていって欲しいなと思います




theme : 英語教室
genre : 学校・教育

英検サンプルテスト

私は昨日、英検サンプルテストを受けてきました。
これは英検受験経験者を対象に、今後の試験問題作成に役立てるために行われています。
実験的要素が強いため、本来の形式とは違う問題が出されたりします。
今回は「120問、ひたすら単語4択」でした。
正直、途中で飽きてきます

しかしごほうび?として図書カードが頂けるのですよ
問題は持ち帰り禁止ですが、結果は郵送してもらえます。
ちょっと得した気分です。
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

HITOMI KANDA

Author:HITOMI KANDA
パーフェクト・イングリッシュ・クラブでは、
英語あそびから英検取得・イギリスホームステイまで、
トータルにお世話しています。子連れ歓迎ママ英語もあり。
先生はイギリス滞在歴4年、TOEICスコア970、
英検1級のHitomi先生です。
ホームページはhttp://hitomienglish.com/

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター